おいしい水の条件とは

おいしい水の条件とは

毎日飲む水だからこそ、おいしさにこだわりたい方は多いことでしょう。
おいしい水の定義は人によって異なりますが、1つの指標として1985年厚生労働省が「おいしい水の条件」を発表していることをご存じでしょうか?

おいしい水の条件

水温

水温は、水をおいしいと感じるために必要な要素の1つです。
季節によって違いはありますが、水温10~15度がおいしいと感じられるようです。

残留塩素

残留塩素の含有量が少ない水はカルキ臭が少なく、水をおいしく感じられます。
水道局からの距離や土地、季節によって、水道水の残留塩素の含有量は異なります。

硬度

水に含まれるカルシウム・マグネシウムのミネラル分の量によって、硬水・軟水と名称が変わります。
一般的に日本人は、さらっとして飲みやすい軟水を好むと言われています。

蒸発残留物

水が蒸発したあとに残る物質で、主な物質はカルシウムやマグネシウムなどのミネラル分です。
程よい量が水に含まれることで、味がまろやかになります。量が多すぎると苦味・渋みを感じる味になり、反対に少ないと物足りないと感じやすいようです。

遊離炭酸

炭酸がある程度含まれていると、さっぱりとした飲みごたえになります。

過マンガン酸カリウム消費量

有機物(炭素を含む化合物)がどれくらい含んでいるかをあらわします。
過マンガン酸カリウム消費量が多いと異臭味がしたり、苦味が増したりします。また、消毒のために塩素の使用量も増えてしまいます。

におい

塩素臭(カルキ臭)以外にも、カビ臭や金属臭、腐臭などがすると、当然ながら水をおいしく感じられません。

水道水はおいしい水の条件を満たしている!?

実は、水道水はミネラルを豊富に含みおいしい水の条件をほぼ満たしていると言われています。
ミネラルウォーターと水道水に含まれている栄養素の含有量を比較しても、商品によって程度の差はあるものの大きな差はありません。しかし、水道水を好んで飲む方は少ないようです。理由として挙げられるのが、残留塩素、配管設備のトラブルによって生じる異臭が挙げられます。

水道水、ミネラルウォーター、天然水の水質基準

ミネラルウォーター、天然水は、どちらもしっかりと基準を設けていますが、水道水の方が圧倒的に厳しく管理されています。

  • 水道水は、水道法により、50項目の水質基準があります。
  • ミネラルウォーターは、食品衛生法により18項目の原水基準が定められています。
  • 天然水は、もちろん水質基準をクリアした安全な水であると思います。

ミネラルウォーター、天然水の水質基準は水道水に比べて緩いということに留意する必要があります。
ミネラルウォーター、天然水のどちらにも基本的に塩素は含まれていませんので開封後は成るべく早く飲用されることをお奨めします。また、ご家庭の浄水器からのお水はフィルターで浄化していますので早く飲用されることをお奨めします。

これらの問題を解決して、いつでも手軽においしく安全な水道水を飲みたいとお考えの方は、磁気式水処理器R.Waterの導入を検討してみませんか?

兵庫県にある株式会社グランドで取り扱っている磁気式水処理器R.Waterは、フィルターを使用していませんので水道水に含まれる栄養素を除去することなく、塩素臭を軽減しておいしく安全な水を飲むことができます。また、目詰まり防止、赤錆やスケールの発生を抑制するなど、赤錆・スケール対策に役立ちます。赤錆・スケール対策をすることで、水道管内部のトラブルによる水質低下を防ぐことが可能です。塩素臭軽減、スケール対策に有効な磁気式水処理器R.Waterに関することでご質問などがありましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。